消防士の仕事内容を消防士の嫁が説明します

消防士の仕事内容を消防士の嫁が説明します

消防士の仕事

 消防士は、地方自治体の消防本部(大きいところは消防局というところも)に所属し、火災の消火や救急によって、人々の安全な暮らしを守っている仕事です。

 言わなくてもわかると思いますが、なんとなくこういうことを書いた方がちゃんとした記事に見えるので書きました。

 「消防士」というと、消火活動!人命救助!といったイメージが多いですが、「消防士」という名称は消防組織における階級のひとつで、正式には消防の組織で働く人は「消防職員」といいます。

階級について詳しく旦那が喋っているので興味ある方はこちらから

 そのうち、消火・救命・救助などに携わる職員を「消防吏員(しょうぼうりいん)」といい、消防吏員の最も下の階級にあたる人が「消防士」といいます。

 もちろん旦那と知り合うまでそんなこと知らなかったし、興味もなかったです。

5つの代表的な業務を紹介

 消防士には、大きく「消火」「救急」「救助」「通信指令」「予防」の5種類の業務があり、各消防士がそれぞれ任された業務に携わっています。

消火業務

 消防士といったら、まず誰もが思い浮かべるのは「火を消す」ではないでしょうか。

火災の通報を受け、1分でも1秒でも早く現場にいち急行し、火災の被害をくい止めると同時に、現場や近隣などからの人命救助を実践します。

 延焼を最小限に抑えるためには、出火状況や風向きなどを素早く把握し行動に移さねばなりません。さらに、消火活動では危険のともなう状況が続くため、周辺住民を安全な場所へ避難させたり、消火の妨げとなる活動現場の障害物を取り除いたりすることあります。

 火災の件数は年々減ってきているものの、ひとたび火事が起これば大惨事。

 消防士たちは日頃から訓練を重ね、すぐに火災現場に駆けつけられるように常に出動の準備をしています。

救急業務

 119番通報を受けて、急病人、交通事故、一般的な事故の負傷者に対して応急手当てを施しながら、医療機関に搬送する任務です。

 救急車には3人が乗車し、最近ではそのうち2人が「救急救命士」の国家資格を持っていることが多いです。

 現場における応急手当は高度な処置と的確な判断が必要となるため、特別な資格をもつ救急救命士が同乗し、処置にあたります。

 救急出動は(都市部の多い隊で)1日15件にのぼることもあり旦那曰く、救急隊は早死にする仕事だとかそうじゃないとか・・・

救助業務

 災害現場などで人命を救助する任務です。具体的には火事、交通事故、山の崩落地、河川などが活動現場となります。

 火災現場では逃げ遅れた人を救助し、交通事故の現場では車にはさまれたり閉じ込められたりした人を助けます。

 山の崩落現場では、崖崩れで生き埋めになった人、土砂の下敷きになった車両から人を助け出すしたり、河川地域での水難事故では、川遊びをしていて溺れた子どもたちや、釣りをしていて中州に取り残された人などを特殊な器材を使って救助します。

予防業務

 建物の防火上の安全性や消防用設備の設置について、現場の実状をに審査・検査し、その結果に基づく指導を行う業務です。

 竣工後の用途変更にともなう際にも同様の審査・検査・指導を実施し、建築物の防火と安全確保に努めます。

 工事中や竣工時には、実際に建築現場に出向き、施工状態を確認したり、防火に対する基準を満たしているかなどを厳しく検査します。

 他にも危険物施設や火薬類の取扱事務等も行う部署であり、毎日勤務者が担うことが多い業務です。

通信指令業務

 災害が発生した時、真っ先にその情報を知るのが通信指令業務に当たっている職員です。

 119番通報を受け、出動車両を選別し、出動先を確定させ、指令を出す。 この一連の動きが遅くなれば現場への到着も遅れます。

 あまり目立たない存在ではあるが、見えない現場を想像して、的確に情報を聴取する能力が求められる業務です。

 最近では2つ以上の消防本部がお金を出し合って、1つの指令センターを作って運用している消防本部も多くなってきました。

その他の業務

 紹介した業務の他にもデスクワークを中心に行う事務職のスタッフも多数います。書類を作成したり、経理や給与計算を行ったりといった事務作業を行います。

消防士の勤務先

 消防士として働くためには、各地方自治体ごとに実施される採用試験を受け、合格、採用されなければなりません。

 採用後の勤務先は、各地方自治体が運営する消防本部や消防署となり、火災や事故などの災害現場で消火活動や救急活動にあたります。

 また、事業所や学校などで消火器の使用方法や応急手当の方法を指導したり、オフィスや商業施設でスプリンクラーやシャッターなどの防火設備の検査をすることもあります。

 ある程度、キャリアを積み昇任試験を受け合格すると、消防本部などに異動してデスクワークを担うことが多くなるなど、一口に消防士といっても様々な勤務先でいろんな業務をすることになります。

 

消防士の仕事って思っているより複雑だと思いませんでしたか?

よめぺん
よめぺん

wife-kazupen

消防士カテゴリの最新記事