消防士に英語は必要なのか?子どもに英語させなくていいの?

消防士に英語は必要なのか?子どもに英語させなくていいの?

子どもたちに英語習わせたほうがよくない?
周りでやってる子多いし

よめぺん
よめぺん
かずぺん
かずぺん

子どもに英語習わせるくらいなら他のもん習わせろ。
周りがやらんこと経験させたれ。

まずはじめに、私も旦那も英語は全くしゃべれない。

これからの時代、日本語だけではなく英語や中国語などが、少しくらいできた方が良いと、ほとんどの親が思っているのではないか。

かく言う私もその人間の1人だ。しかし旦那は違う。

子どもに英語を習わせることを強く反対する人間だ。

その反対する理由も納得できない事は無い。旦那の言い分はこうだ。

例えば、英語を仕事にする職業(通訳や翻訳家)を目指す人間であればいくつになっても英語を勉強するはず。

他にもあらゆるところで使われている英語、そして世界中の多くの人間がしゃべっている言語ではあるが、

それがしゃべれなくたって間違いなく生きていける。

これひとつあればなんとかなる。

ましてやその多くの人間は時間もお金もかけずに、生まれた時から英語がしゃべれる。

そこに私たち日本人が時間とお金をかけて英語を学ぶこと自体が

コストパフォーマンスが悪すぎると旦那は考えている。

それにこれからはスマートフォンやウェアラブル端末によって、

世界中どこの国の人とも会話が出来るようなものが開発されていくと考えているらしい。

なお、私の友人は時間と金をかけて英語留学までしたのに、現在海外旅行ではポケトークをヘビーユーズしているらしい。

友人
友人

低速環境でも余裕で使えるのでオススメ!!


この記事のタイトルでもあるように消防士である旦那は全く英語が必要ない環境で仕事をしている。

もちろん、東京消防庁の広報担当など、あらゆる国の人と接するであろう部署の人間であれば英語は必須である。

しかし、全国16万人(いるらしい)の消防士のうち、何人がこういった仕事に就くだろう。

そもそも、そこの専属にしたければ英語できる消防士なんか採用するより、

通訳さん1人、その時だけ雇うほうがよっぽど財政的にもいいじゃないか。

旦那に1年間でどれくらいの外国人患者を運ぶか聞いたが、10人もいないと言っていた。

そう考えるとたしかに消防士にとって英語はコスパが悪いスキルだ。

そんな救急隊にとってとてつもなくすごいアプリがあるらしい。

その名も、【救急ボイストラ】

救急隊専用のアプリのようだが、気になる方は旦那の動画で見てほしい。

wife-kazupen

救急救命士カテゴリの最新記事