消防士の階級っていくつあるのか聞いてみた

消防士の階級っていくつあるのか聞いてみた

まだ私が若くて、ピチピチギャルだった頃、消防マニアの友人に連れられて,

大阪市の出初め式を見に行った時のこと。友人は私に、こんな質問をしてきた。

友人
友人

消防士の階級はいくつあるか知ってる?

当然私はそんなこと興味もなく、かといって友人が出してきたクイズを適当に返すのも申し訳なかったこともあり、悩んだ挙句

10個くらいかなぁ(テキトー)

よめぺん
よめぺん

と答えた。先に言っておくが消防士の階級は10個である。

友人には、すごい!!と褒められたが、この問題に正解した喜びはなにもなかったこと、

どの階級がどのバッジなのかまでは友人もあまり知らなかったことを思い出した。

そこで今回は旦那に消防士の階級について語ってもらった。その動画がこちら。

消防マニアの友人とはいえ、消防士の階級を全て知っているわけではなく、

また一般人で消防士の階級すべてを言い当てられるような人はそうそういない。

私も消防士の妻としてこれを機に消防の階級を全て調べてみたので皆さんにそれをシェアしたいと思う。

消防士

消防吏員になればみんな初めは消防士

消防士というのは階級の名称の1つであり、職業の名前ではないのです。

旦那に聞いて初めて知った。正式には消防吏員っていうんだって。

よめぺん
よめぺん

消防副士長

消防士を数年務めると、稀に与えられる階級、というのもこの階級を採用していない消防本部もあるとのこと

消防副士長では各車両の長(小隊長や分隊長と呼ばれる)は出来ないとのこと

警察で言ったらこち亀の両さんがつけている巡査長のようなものだと旦那は言っていた。

よめぺん
よめぺん

消防士長

消防士や消防副士長を数年経験した後に、昇任試験に合格すれば与えられる階級

消防吏員はここの昇任試験が結構な関門だったりするらしい。

実際に旦那も消防士長試験のときは部屋を締め切って勉強していた。

よめぺん
よめぺん

消防司令補

消防士長を数年間務め、その後、昇任試験に合格すれば任命される階級

大規模消防局なら主査、主任クラス

小規模な消防なら係長クラス

消防司令

小規模な消防なら課長クラスがつけている階級

政令指定都市の消防局の副署長や課長補佐クラスに与えられる階級

消防司令長

消防職員の数が100人未満かつ人口10万人未満の市町村の消防長に与えられる階級

小規模な消防本部の長の中には、消防司令長をつけている人も多いということですね。

東京消防庁で言えば課長クラスがこの消防司令長をつけています。

消防司令補、消防司令、消防司令長までなってくるとなんか出世してる!って感じがしますね。

よめぺん
よめぺん

消防監

消防職員の数が100人以上、または人口10万人以上の市町村の消防長に与えられる階級

比較的小規模な消防本部のトップは、この消防監であることが多いです。

日本の消防吏員のうち1%、つまりこの階級をつけている消防吏員は100人に1人ほどです。

消防正監

消防職員数が200人以上、または人口30万人以上の政令指定都市ではない市町村の消防長に与えられる階級

日本の消防吏員のうち0.2%、つまりこの階級をつけている消防吏員は500人に1人しかいません。

消防司監

政令指定都市(人口50万人を超える都市)の消防本部の消防長、または東京消防庁の次長・部長に与えられる階級

日本の消防吏員のうち0.02%、つまりこの階級をつけている消防吏員は5,000人に1人しかいません!

見つけたら拝みましょう。

消防総監

東京消防庁の長であり、消防吏員の中で最も上位のなのがこの階級

つまりこの階級をつけている人は、1人しかおらず、東京消防庁以外の消防局ではお目にかかれません。

ただし、最上位と言えど、他の消防に対して権限があるわけではなくあくまでも東京消防庁のトップだということです。

見つけたら拝みましょう。

ここまで偉くなると階級章も金色の背景ですごい!っていうのが伝わってきますね。

よめぺん
よめぺん

消防団員の階級について語っている動画はこちら

wife-kazupen

消防士カテゴリの最新記事