消防士(公務員)は毎年、どれくらい昇給するのか

消防士(公務員)は毎年、どれくらい昇給するのか

消防士の昇給について、気になる人は多いと思う。

実際にお給料がいくらアップしたかによって生活レベルは変わらなくとも、気持ちが少し豊かになれる気がする。少なくとも私は。

旦那が給料明細を持って帰ってきたら、お疲れ様という言葉をかけるようにもしている。

本人は否定するが、危険な現場に行ってもらって帰ってくるお給料なので『ダンナの給料が低くて!』みたいなことは言えない。

旦那がYoutubeで消防士の給料表の仕組みについての動画をアップしているのでぜひそちらをご覧になってほしい。

ここで私が文字で書くよりはわかりやすいかと思う。

なお、旦那の場合は毎年4月になれば昇給しているようだが、その額は毎年5,000〜7,000円くらいじゃないかと言っていた。

出世しないと毎年の上がり幅が小さくなるんだって!知らなかった。

よめぺん
よめぺん

つまり年換算すると、60,000円〜84,000円のアップということになる。これは基本給の昇給であり、これにより他の手当にも大きく影響が出てくる。

消防士の各種お手当についてはこちらの記事を参考にしてほしい。

基本給が上がれば、以下の手当が基本的には増える。

  • 地域手当
  • 時間外手当
  • 夜間勤務手当
  • 休日勤務手当

これらの手当はすべて基本給をベースとして単価が設定されている。

基本給のアップは時給のアップ

5,000円の昇給と言えど、各種手当の基礎となるだけに、馬鹿にならない。

私が会社員時代、こんなにも安定して昇給することがなかっただけに、公務員の安定した昇給はとてもありがたい。

wife-kazupen

消防士カテゴリの最新記事